肝臓の機能を高める方法

肝臓の説明する看護師

肝臓とは、取り込んだ栄養を合成、分解し、身体に届ける働きであったり、食べ物や飲み物の中に有害物質が入っている場合、それを取り除き排出させる役目を果たしたり、コレステロールを作るのに必要な胆汁を生成する臓器です。

 

肝臓の機能を高めるには、肝臓に負担をかけないことが一番です。肝臓を酷使してしまうと、肝臓に疲れが生じ機能が低下します。

 

肝臓に負担をかけないようにするには、・暴飲暴食はしない・アルコールの摂取はなるべく控える・タバコは吸わない・食品添加物や化学物質に触れる機会を減らすのが効果的です。

 

暴飲暴食は、栄養の分解や合成の働きを増やしてしまうので肝臓に負担がかかります。また、暴飲暴食せずとも、間食をする人は食べる分だけ肝臓の働きが増えるので、肝臓が疲れている可能性があります。

 

アルコールを摂取した際も、肝臓で分解、合成しますが、あまり飲み過ぎてしまうと処理が追い付かず、中性脂肪が肝臓にたまってしまいます。この状態が続くと、いずれ脂肪肝になってしまうので注意が必要です。
また、タバコを吸うと、血流が悪くなり肝臓に送る酸素の量も減り、肝臓の働きの妨げになります。また、タバコを吸うことでアセドアルデヒドができ、それが肝細胞にダメージをもたらします。

 

食物添加物を含むものを食べたり、虫よけスプレーなどの化学物質に触れる機会が多いと、肝臓に悪い影響を与えます。人間に有毒な毒素を排出しようとフル稼働します。虫よけスプレーを肌につけてしまうと、皮膚に取り込まれ、最終的には肝臓に行き、毒素を排出するので、肝臓にはかなりの負担です。

 

このことに気を付けて過ごしていけば、肝臓も適度に休みを取りながら、正常に働き続けることができます。

 

さらに、肝機能をアップさせたいという方は、代謝を上げて血行を促進させるのも良い方法です。血流にのって、充分な栄養や酸素が肝臓に届き、肝機能を向上させることができます。代謝を上げるには、温野菜を食べたり、麦茶やカフェイン飲料などの体を冷やすようなものを摂取しない、腹巻きなどをして体の冷えをなくすなどが挙げられます。

 

肝臓は、沈黙の臓器、気付いた時には病気が手遅れという場合もあります。肝臓に優しい毎日が送れるように心がけましょう。

肝臓をよくするための5つの方法とは

お酒を飲む人は特に気になるのではないでしょうか。
それが肝臓の状態です。
そこで、肝臓の状態をよい状態を保つための3つの方法をご消化ししましょう。

 

1.食べすぎは厳禁、腹八分で

これはよく言われますよね。健康を保つためには腹十分で食べるのではなく、腹八分、ちょっとまだ足りないかなと思うくらいの食べ方でないといけません。これはなぜかというと、食べ過ぎてしまうと、肝臓の中で消化処理が追い付かなくなってしまうので、肝臓が疲れてしまうのです。ですから、食べる際には「おなか一杯」ではなく、腹八分という状態をキープすることを意識するようにしましょう。

 

2.乳製品を食べすぎるのはやめましょう

これは、ビーガンの人には良く言われていることなのですが、乳製品の取りすぎは、消化の状態を悪くしてしまいます。それだけでなく、高タンパク、高脂質な食べ物というのは、実は消化する際にかなり肝臓にとって負担となってしまうのです。そのため、乳製品、特に牛乳やチーズなどの乳製品の加工食品をとることで肝臓を圧迫してしまうので、あまりとらないようにしましょう。

 

3.アルコールをとりすぎない

実は日本人というのは肝臓が弱い人種です。ですから、アルコールが好きであるという方も一定の量を決めてアルコールを飲むというように決めればよういのです。毎日飲むのではなく、2日に1度にするだけでもかなり肝臓への負担は変わります。

 

4.普段から薬を飲むことを避ける

例えばサプリメントもそうですが、普段から健康を保つために薬を飲んでいるという方は少なくありませんよね。それはやめましょう。薬は毒と同じように、体の解毒システムに負担をかけてしまいます。さらに、薬の中には交感神経を興奮させる作用があるものも多くあります。それを使うことによって肝臓を疲れさせてしまうという働きがあります。

 

⇒肝臓のためにおすすめのサプリメント

 

肝臓がちょっと荒れているなと思っている方、こんなことをしていませんか。
これに当てはまる方はその部分を直して肝臓強化をしてみましょう。